結婚指輪に変色が見られたら

結婚指輪を調査してみた 長く結婚指輪を使っていると、どうしても変色してしまうことは避けられません。
ほとんどの場合は、手の皮脂がついて白っぽく変色していることが多いため、専門家に頼っておくのももちろん良いのですが、自宅でも簡単に落とせるので、実践しておくと良いでしょう。
まず、洗面器やバケツにぬるま湯を入れて、そこに中性洗剤を溶かしておきます。
変色度合いにもよるのでしょうが、数滴程度で十分なので、そこに結婚指輪を入れてしばらく放置しておくだけでかなり輝きは取り戻せます。
ただ、細かな隙間に入り込んだものが落ちていないというのなら、柔らかい絵筆などで擦ってやりましょう。
あまり強く磨いたり、毛の固いものを使うと傷がついてしまうかもしれないので注意が必要です。
きれいになったらタオルで拭いた後、すぐに指にはめるとカビが生えたりする可能性があるため、いったん風通しの良い場所に置いて完全に水気を取り除いてから使用するようにしておくと良いです。

結婚指輪のメンテナンスについて

結婚指輪を毎日指にはめている人は多いかと言えます。
ただ、その中で日々のメンテナンスを行なっている人はどれだけいるのでしょうか。
結婚指輪の多くは、丈夫に作られているものが多いです。
また、デザインや装飾もシンプルなものが多いので、装飾などが引っかかって取れてしまうことも少ないとされます。
しかし、傷や汚れはどうしてもついてしまうのが現実です。
そのため、結婚指輪は出来るだけメンテナンスを心掛けることが重要です。
基本的なケアの方法としては、乾いた布で拭く、ということがまず挙げられます。
特に、素材がゴールドの指輪はきちんとケアしないと光沢が無くなってしまうこともあるので、きちんとケアしましょう。
ほかにも、中性洗剤を使用して洗う方法もあります。
ただ、これは宝石の種類によっては使用を避けた方が良い場合もあるので注意が必要です。
一番安全なのは、クリーニングサービスを利用することです。
多くの店舗では、アフターサービスとして行ってくれるので、定期的に利用することで綺麗な状態を保つことが出来ます。